登坂車線の走り方

ゴールデンウィークに山口県の角島大橋まで行って帰って来ましたが、道中いろいろな道を走りました。

そこでちょっと気になったのが、登坂車線の走り方です。

登坂車線と書いて「とうはんしゃせん」と読むか、「とはんしゃせん」と読むか、議論があるようですが、それは今回は置いといて、とにかくその登坂車線の走り方の話をさせてください。

あれって、そもそもは上り坂にさしかかったところで、重たい荷物を積んだトラックなどはスピードが落ちてしまうので、渋滞を引き起こしたり、後ろの車がイライラしてしまったりするのを避けるために、左側に専用のレーンを設けているわけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

とある峠道を走行していた時の話です。

私のデミオはそれまで60キロで走っていて、上り坂でも60キロをキープして走っているので、左側によける必要はまったくありません。

ところが、60キロで坂道を走っていると、登坂車線が左側に現れたとたんに、後ろの車が右側の追い越し禁止のオレンジ色のラインを超えそうな勢いであおって来るのです。

ん?

私に左に寄って欲しいのか・・・?やーだね!!

私のデミオが坂道にさしかかって急にスピードが遅くなったのであれば、道を譲るべきですが、そうではありません。

登坂車線は「用意ドン」の合図ではありません。後ろの車は何を勘違いしているのでしょうか?

いつも、道路を渡ろうとしている歩行者には、止まって道を譲る優良ドライバーのピアノマンですが、さすがにカチンときてしまいました。

登坂車線のちょっと前の方を走っていたタンクローリーに追いつくと、ぴったりと横並びになってゆっくり走って、後ろのあおってくる車をガードしました。

そして登坂車線がまもなく終り、タンクローリーが右にウインカーを出した所でスッとタンクローリーの前に滑り込み、後ろであおっていた車はタンクローリーの後ろに消えていきました。タンクローリーも分かっていたようで、私の後ろになってから、もっとゆっくりになり、次の信号で私のデミオが交差点を通過した後、まだ信号が黄色で渡れたのに、停車して、私にパッシングで合図をしてくれました。

ありがとうタンクローリーさん。ちょっとスッキリしました。

このときは極端にあおられて頭にきましたが、登坂車線が左側に現れると急にスピードを出す人ってけっこういませんか?今回の旅行の道中で、登坂車線を通る度に感じました。

いろいろな訳があって、急いでいる人もいるかも知れませんが、スピードを出しすぎたり、前の車をあおったりしていると、素敵な景色を見逃したり、思わぬ危険に遭遇したりしますよ。

安全運転が一番ですよ。

広告
カテゴリー: お出かけ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中