春の岩手山が一番好きです。

今回盛岡に滞在している間、天気に恵まれて岩手山がよく見えました。

このところ盛岡に行けるのは夏ばかりで、岩手山が雲に隠れて見えなかったり、見えていても雪がなくて何となく物足りなさを感じていました。

やっぱり岩手山は雪がほどよく積もって、少し溶け始めたぐらいの、春が一番好きです。

盛岡で生まれ育った人は、それぞれ自分の好みの岩手山があると思います。この場所から見るのが一番とか、この時期の岩手山が一番とか・・・。今回は私のベスト岩手山の写真が撮れました。

DSCF3702

ジャーン!↑これです。夕方になってしまったので、ちょっとかすんでいますが、この場所、この時期の岩手山が一番好きです。手前には松林があって、奥にはちょっとわかりにくいのですが、四十四田湖という湖が少しだけ写っているはずです。

自分が小学生の時に見ていた景色ですが、当時は身体も小さく、知っている世界も狭かったので、岩手山を毎日見ては、「なんて大きいんだろう」って思っていました。

ちなみに別の場所からも撮りました。

DSCF3589 DSCF3599

左は朝入った日帰り温泉の窓から、右は父のお墓の近くの展望台から撮った岩手山です。どちらも圧倒的な存在感で、迫力がります。

みなさんにはどれも同じ山に見えるかも知れませんが、盛岡育ちの人間にとっては、やっぱりちょっと違うんだな。

DSCF3600

そしてこちらは姫神山。岩手山は北上川よりも西、姫神山は東にあるので、両方の山が一度に見えるのはなかなかラッキーです。

2つの山にはいろいろといわれがあって、夫婦山だったが、岩手山が早池峰山に浮気したとか・・・。なかなかドラマ性がありますよね。私が今住んでいる地域にも山がありますが、そんなドラマチックな言い伝えは聞いたことがありません。さすが民話の故郷岩手県です。

盛岡に住んでいるときは、そこに岩手山があるのが当たり前の風景なので、そのすばらしさにはなかなか気付かないのですが、盛岡を離れると、岩手山ってすごかったんだなって気付かされます。

岩手山だけでも十分に観光客を呼べるような気がするなぁ。岩手山フォトコンテストとか、岩手山眺望ポイントスタンプラリーとかやったら盛り上がると思います。そう思うのは自分だけかなぁ・・・。

広告
カテゴリー: お出かけ, 盛岡 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中