テニスの試合、結果速報!!

もう、試合がとっくに終わって、お酒を飲みながらのブログ更新なので、速報でも何でもないのですが、一応皆様にテニスの試合の結果をお知らせします。

1回戦  ピアノマンペア6-0高校生ペア

2回戦  ピアノマンペア3-6昨年第3シードペア

戦前の予想通り、2回戦敗退でした。

負けちゃったのは残念なのですが、私個人的には、天気も良くて風も穏やかで、そんな中でテニスの試合ができて幸せでした。

心配された腰痛はそれほどでもなく、逆に姿勢を気をつけようという意識が働いて、いつも前屈みになりすぎてバランスを崩していたピアノマンにとっては、怪我の功名といった感じでした。

そんなわけで、今、おいしいお酒をいただきながら、のんきにブログを更新しています。

が、パートナーを組んだ、職場の同僚の私よりもテニスが強い先生はちょっとかわいそうでした。

試合に負けてしまった後、駐車場で二人で試合をふり返っているとき、彼は「ごめん」と20回は言ったと思います。私は「気にしないでください」とか「次またがんばりましょう」と10回は言ったと思います。

確かに2回戦の相手は上手い人たちでしたが、年齢が私たちのペアよりもだいぶ上で、スピードやパワーはありませんでした。はっきり言って、勝てそうでした。

勝負を分けたのはミスの多さでした。

プレースタイルとして、私は前に出てボレーやスマッシュを好むタイプで、パートナーはベースラインからぐいぐいスピンを効かせた深いショットを打ち込むタイプなのですが、今日に限って彼のショットはラケットの芯を食わず、大きくオーバーしたり、ネットにかかったりしました。

惜しいアウトなら「惜しいです」とすぐに声をかけるのですが、そうでも無いのに「惜しいです」なんて言ったら余計空気が悪くなりそうだったので、私もかける言葉が見つからず、試合中に口数が少なくなってしまいました。

原因は、緊張とサーフェス慣れだと思います。

二人で車を連ねて会場入りし、はじめに確認がてらトイレに行きました。その後30分ほどで初戦だったのですが、「トイレ行ってくる」と試合直前に姿を消し、危なく試合開始に遅れるところでした。

職場では、朝生徒が来る前にトイレに行ったら、最低でも昼休みまで、長い人なら15時までトイレには行きません。そういう業界です。どんだけ緊張していたのかと思います。

サーフェスは、彼が主戦場としているクラブチームは、コンクリートのように硬いハードコートで、ボールはポーンと弾みます。今日の大会はオムニコート(砂入り人工芝)で、私が主戦場として同僚達と接待テニスをしているコートと同じでした。ボールは弾まず、回転をかけると、人工芝がボールに噛んで良く変化します。

対応するためには、ボールを最後までよく見て打つのですが、彼ほどのレベルになると、ボールはある程度まで見たら目で追わずにこの辺に来ているはずだと、感覚で打ち、目は相手の陣形を見ます。その癖がついてしまっているので、最後まで打球音が 鈍かったです。(ダブルスではパートナーが後ろで打つときは自分は前にいるのでその姿を確認することはほとんどありません。打球音が鈍いということは、真ん中に当たらず、きちんと打てていないということです。)

という訳で、パートナーさんにとっては今夜飲むビールは苦いビールだと思いますが、私はうまいお酒を飲ませてもらっています。

昨年の夏頃から本気テニスを始めて、はじめはとにかくクラブチームの練習についていくのがやっとで、試合なんか出てもこてんぱんにやられておしまいだろうなと思っていました。でも、今日B級のダブルスの試合に出てみて、自分のプレーが十分に通用することが分かりました。めちゃめちゃ嬉しいです。クラブチームの練習でも自信を持ってプレーできます。

酔っ払った勢いで長文になってしまいました。

私を試合に誘ってくれたパートナーさんありがとう。ミスって自滅しちゃったことはちっとも気にしてませんよ!!

広告
カテゴリー: テニス, 今日の出来事 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中