同僚の版画展に行ってきました。

同僚(といっても大先輩ですが)の先生の版画展に行ってきました。

DSCF3277s

特別支援学校の先生の中には美術科の先生も数多くいて、仕事の傍ら作品作りを進め、個人的に展示会などを開く先生もいます。

同僚で、飲み仲間の美術の先生が版画の個展を開催しました。隣町の画材屋さんの一角に展示スペースがあって、そこを借りての期間限定のものです。

電車に乗るのが好きな先生で(いわゆる乗り鉄)、とあるローカル線の駅舎の版画を描き続け、全ての駅をコンプリートしたので、その記念に個展を開いたそうです。

DSCF3270

凄いですね。版画を作る人って尊敬します。紙に線を引こうと思えば、鉛筆でもクレヨンでも、すっと紙をこすれば線が描けるのに、わざわざ板を彫ってそこにインクをつけて、紙を合わせて、ようやく線が出る、そんな気が遠くなるような作業をするのです。

↑写真は、アップじゃまずいのかなと気を遣って引き気味でしか撮ってませんが、本当に緻密に描かれていて、特に空や雲の描写が繊細で、白黒の世界ですが、季節感が伝わってくる力作ばかりでした。

DSCF3273     DSCF3275

↑多色刷りの版画も手がけているそうで、こちらは、曲線やドットのデザインが印象的で、シリーズものになっているようでした。

自分にとって美術は一番苦手な分野で、たくさん勉強しなければならないと思っているので、こういう同僚の展示会はなるべく見に行こうと思っています。

来場者が賑わっていて、あまり長居はできなかったのですが、休日にカラオケやテニスばかりではなく、たまには芸術鑑賞をして、心をリフレッシュさせるのも大事ですね。

貴重な作品を見させていただいて、ありがとうございました。

広告
カテゴリー: お出かけ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中