居酒屋の盛岡冷麺は・・・残念!!

前の記事で宣言したとおり、研修会の帰りに駅前の居酒屋に寄りました。

研修会は、少しでも得るものがあればと、私自身がもっとも苦手としている図工美術の分科会に参加しました。指導助言の大学教授が興味深い指導助言をしてくれたので、とても勉強になりました。ただ、それが参加費1000円分の価値があったかと言われれば、微妙ですね。1000円の他にも、様々な準備でいろいろな先生のエネルギーが注がれているのですが、そのエネルギーに見合う研修会なのか・・・とても疑問です。

まあ、愚痴ばかりになってしまうので、仕事の話はそのぐらいにして、その後の居酒屋の話です。

一人だったので、テレビを眺めながらと思ったのですが、「テレビがある席は大人数用の席で、予約でうまっております」とのことで、残念ながらテレビのある席には座れませんでした。カウンター席をイメージしていたのですが、4人座れる個室のような席に通されました。

ま、しょうがないか。カウンターで見知らぬおっちゃんやお店の店員さんと話すのが楽しみだったのですが、個室なら個室で、のびのびくつろいで、それなりの楽しみ方があります。

すると、今時は注文もタッチパネルの端末で、ほとんど店員さんと話をすることは無いんですね。良いような悪いような・・・。

飲み放題を頼むと、端末画面の右上にラストオーダーまでのカウントダウンが始まります。分かりやすいのですが、なんだか急かされているみたいで、あまり良い気分ではないですね。

ラストオーダーぎりぎりで、いよいよお目当ての盛岡冷麺を頼ました。

DSCF3176     DSCF3178

↑どうでしょうか。デジカメがしょぼいので、あまりよく写っていませんが、ぱっと見て、まず器が石焼きビビンバ用の使い回しですね。個人的には韓国冷麺の銀色のボウルよりは良い印象ですが、やっぱり陶器の丼を使って欲しいです。

辛味が別になっているのは良いのですが、辛味が液体のみで、ちょっと不気味です。

箸で麺をすくってみると、う~んやっぱりか・・・。盛岡冷麺とは違う白い不透明な麺です。あの透明感のある麺がいいんだよなぁ・・・。

乗っている具材は良い感じでした。私は盛岡冷麺にスイカはいらないなと思っている派なので、そこは好印象。スイカの代わりにミニトマトを半分に切ったものがぷかぷか浮いていました。これはこれで、ちょっと違うのですが、味としてはけっこう合っていました。肉は豚肉のチャーシューではなく、ちゃんと牛肉でした。

問題なのは写真では伝わらないスープの味。明らかに塩分が多過ぎでした。辛味を入れなくても塩辛いので、辛味を入れたいと思えませんでした。

100点満点の点数をつけるなら、35点です。赤点ですね。

具の牛肉とミニトマトは相性が良かったのですが、やっぱり肝心の麺とスープが残念でした。

関東でもおいしい盛岡冷麺が食べたいし、関東の人に「この塩辛くて白いぬるぬるした麺が盛岡冷麺か」と思われるのも嫌なので、ちゃんとお店のアンケートに書きましたよ。

そんな時も、「本場の盛岡冷麺に近づけるように頑張ってください」と、お店に気を遣ってエールを書いてしまう自分が、弱気だなぁと情けなくなりながら、帰り路に着くのでした。

広告
カテゴリー: お出かけ, 盛岡, 愚痴, 今日の出来事 タグ: , , , , , , パーマリンク

居酒屋の盛岡冷麺は・・・残念!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 関東でおいしい盛岡冷麺を食べるには・・・。 | Honestypianoman's Blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中