「銅メダルはくやしいです」・・・良いと思います。

リオオリンピックが始まりましたね。もともとスポーツ観戦が大好きなピアノマンにとっては、4年に一度のワクワクするイベントです。

ネットやテレビ番組でちょっと話題になっていることがあるんですが、柔道の選手が世界で3位になって、1位になれなかったことをくやしがり、「銅メダルはくやしいです」とコメントすることです。

そのことについて、「世界で3位なんだからもっと喜んでもいいじゃないか」ということを言う人がいます。まあ、その気持ちも分かりますが、それは周りが決めることではないだろうなと思います。

競技をしている本人の志が高ければ、1位になれなくてくやしいと思うのは当たり前で、それについて、「もっと喜べ」なんて言うのは、あまりにも無責任です。

「銅メダルはくやしいです」は良いと思います。

ただ、「みなさんの期待に応えられなくてすみません」と謝るのはやめて欲しいです。

アマチュアスポーツの祭典であるオリンピックでは、勝負は誰かの期待に応えるために頑張るのではなく、自分のために頑張ってもらいたいです。

もちろん、どんなに強い人でも、自分一人の力だけで戦える訳ではありません。誰かに支えられて、誰かと一緒に戦っていると思います。どんなときも、そんなサポートをしてくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れてはいけません。

かといって、勝負でお金が動いたり、利権がからむプロスポーツとオリンピックは性質が異なるので、負けてしまったからと言って誰かに謝罪するのは違うと思います。

嬉しかったら喜べばいい(相手への敬意も必要なのでその辺はわきまえてね)、負けてくやしかったらくやしがればいい、ありのままでいいんじゃないかなぁ。

広告
カテゴリー: 時事ねた, 今日の出来事 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

「銅メダルはくやしいです」・・・良いと思います。 への1件のフィードバック

  1. honestypianoman より:

    やっぱり柔道で負けて「申し訳ありません」って謝っている選手がいましたね。
    普段から、周りの人に「負けたらみんながっかりするぞ」なんて、プレッシャーをかけられているんでしょうね。
    へんなプレッシャーはかけずに、のびのびと競技に集中させてあげればいいのに・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中