人間ドックに行ってきました。2016。

今年も人間ドックに行く季節がやってきました。

夏休みの風物詩です。

前の記事で「ありのままで」と宣言したとおり、今年は1週間の禁酒をせずに、堂々と前日の夜まで晩酌をして人間ドックに臨みました。

三十歳から受け始めて、始めの頃は2年に1回の間隔で行っていましたが、胃にポリープが見つかってからは毎年行っているので、7~8回は行っているのかなぁ・・・。記憶が定かではありません。

だいぶ慣れてきました。かつては、当日の朝、家でしっかりトイレを済ませてから行ってしまって、検尿を採るのにものすごく苦労したなんてこともありましたが、その辺の微調整もうまくなりました。

日本健康管理協会という、人間ドック専門の機関に行っているのですが、そこの建物が移転して、我が家からの距離は少し近くなりました。新しい建物はピカピカで、病院のような独特の臭いもなく、入院患者さんが点滴をぶら下げながら廊下を歩いているということもなく、前向きな気分で検診が受けられました。

移転とともに昼食のシステムが変わって、昼食は、はす向かいの日帰り温泉施設の食堂で食べるようになっていました。

館内に厨房を作って、その分の職員を雇うよりも、外の施設に頼んでしまった方が、経費削減になるのでしょう。利用する方も、検診が全部終わって、建物から外に出て、違う空気を吸った方が、おいしくお昼が食べられて嬉しいです。

このところは、週に1回のペースでテニスで汗を掻き、特に調子が悪いところも無いので、いつもの検診前の1週間禁酒をしませんでしたが、たぶん大丈夫だったような気がします。

結果は夏休みが終わる頃に自宅に郵送されると思います。

学生の頃の、テストが採点されて配られるのを待つ気分です。

広告
カテゴリー: 健康, 今日の出来事 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中