「お首をそらせてください。」

久しぶりに床屋に行きました。前回切ってから2ヶ月以上経っていました。

月2万円という極少な小遣いの中から床屋代を捻出するには、そう簡単には床屋に行けません。

かといって、1000円カットはなんとなく嫌です。どうせお金を払って髪を切ってもらうなら、それなりにリラックスして、眉毛も整えてもらって、ひげも剃ってもらって、満足感を得たいです。

そんなわけで、床屋に行くのは2ヶ月以上粘ってということになります。

さて、髪はおおかた切り終えて、顔剃りも終り、椅子を起こされたときでした。

「お首をそらせてください」

と床屋さんのお姉さんに言われました。

私は「お首を反らせてください」と言われたと思い、どっちに反らせるのかな?反らせるんだから後ろかな?なんて考えて、顎を一生懸命上げていたら、鏡越しにお姉さんがカミソリを持って襟足の辺りに手を当てるのが見えました。

そうか!!

「お首を剃らせてください」だったのか!!

慌てて顎を引き、首を剃りやすいように下を向きましたが、勘違いしていたことが恥ずかしく、しばらくそのまま下を向いたままでした。

もう、紛らわしいことは言わないでくれよん。

広告
カテゴリー: 今日の出来事 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中