日本語はムズカシイデス。「日」を教える。

今担任している自閉症の児童に漢字を教えています。これがなかなか難しいのです。

小学校では「日」という漢字は1年生で習います。

ただ、膨大なことを学ぶ小学生は、一つ一つの漢字について、そんなにじっくりと時間をかけることはありません。「日」という漢字は1年生で習うたくさんの漢字のなかの1つでしかなく、形も簡単なのでさらりと覚えてしまいます。

特別支援学校では、じっくりと時間をかけて1つの漢字の勉強をします。

「日という漢字は『ひ』とも読むし、『にち』とも読むよ。」と教えていると、思わぬ質問が・・・。

「先生!『た』とも読みますね?」

「た?」・・・?

はじめは田んぼの田と形が似ているから間違えてしまったのかと思ったのですが、違いました。

「明日と書いて『あした』でしょう?だから『た』と読みます。」

すごい発想です。大人はなかなか思いつきません。

「明日」と書いて「あした」と読む場合、どの文字が「あ」で「し」で「た」でという区別はありません。当て字のようなもので、ルビをふるときも、「あ」と「た」の真ん中に「し」が来るようにふります。

でもそれを、漢字を覚えたての自閉症児が理解できるように説明するのは簡単なことではありません。

「○○くんはトレンディーエンジェルが好きだったよね」

「うん、大好きです。」

「トレンディーエンジェルは、斉藤さんとたかし君の二人でトレンディーエンジェル。どっちかがトレンディーでどっちかがエンジェルじゃないよね。」

「そうです。」

「それと同じで、明日もどっちかが『あし』で、どっちかが『た』じゃないんだよ。わかる?」

「わかりません。」

そうだよね~。トホホ。

誰か分かりやすい教え方を教えてください!!

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中