熊本大地震

テレビをつけると、どこのチャンネルでも熊本大地震のニュースが流れています。阿蘇大橋周辺の土砂崩れ現場や東海大学阿蘇キャンパス近くの学生寮の倒壊現場の空撮映像が、何度も流されます。

何度も何度も同じ映像が流され、1時間に2~3回は「新たな地震の情報です・・・」とアナウンサーが注意を呼びかけています。同じことの繰り返しのように感じるのですが、一度見始めてしまうと、何時間も見続けずにはいられなくなってしまいます。

4月14日の夜から、揺れ続け、地震はいっこうにおさまる気配がありません。眠れない夜を過ごす、現地の皆さんの心中を思うと、本当に心が痛みます。また、犠牲者も日ごとに増えています。今回は5年前のような津波は発生していませんが、倒壊した建物に挟まれて、身動きがとれなくなり、亡くなってしまった方々のことを考えると、胸が苦しくなります。

かといって、自分に何かができるわけでもなく、震源地からは、揺れが届かないほど遠く離れた地にいることで、何か、現実ではないような、そんな感覚さえ感じます。

とりあえず、自分に今与えられた場所で、与えられた時間を過ごし、自分のやるべきことをこなしていくしかないんだよなと、割り切っていくしかありません。

おそらく、5年前の東日本大震災の時は、九州の方々も同じようなもどかしさというか、居心地の悪さのようなものを感じていたのだろうなと思います。

活断層は全国どこにでもあり、日本に住んでいる限り、いつ大きな地震が我が身を襲うか分かりません。

特に私は、教師という立場で、大切なお子さんたちを預かる仕事をしています。お子さんを預かっている時間に、今回のような大きな地震があったら、きちんとみんなの命を守ることができるのか、とても心配です。いろいろな場面を想定して、普段から気をつけるしかありません。

自然は恐ろしい。

広告
カテゴリー: 特別支援教育, 東日本大震災 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中