あの日~土曜日~好きだよって・・・。

うちのクラスに自閉症スペクトラムの小学5年生の男の子がいます。西野カナさんの歌が好きでCDを聴いたり、自分でも口ずさんで歌ったりしています。

業界通の方は、タイトルとここまでの文章でピンときてしまう人もいるでしょうね。

自閉症スペクトラムの特性の一つに感覚受容の特異性があります。痛みを感じにくい子がいたり、逆に感覚過敏で身体接触が極端に苦手な子がいたりします。

聴覚に関しても普通の人とは違った聞こえ方をしている子もいます。西野カナさんファンのうちのクラスの男の子も独特の聞こえ方のようです。

「先生」と呼ぶときは「てんてい」とかなりはっきり発音します。「せ」のように歯の隙間から空気が漏れるような音は濁って聞こえてしまうようです。本人の自信をなくさずにこのような発音の問題を矯正していくのはなかなか気を遣います。もう少し大人になれば、他の人の聞こえ方と自分の聞こえ方の違いが理解できて、こう聞こえたらこう変換すればOKなんだとわかってくると思うのですが、小学5年生の今の段階ではなかなか難しいことです。

そして「な行」も「なにぬねの」ではなく、「だでぃどぅでど」のように濁って聞こえているんですね。例えば「西野カナ」だったら「でぃしどかだ」のように聞こえているみたいです。

少し前の曲ですが、「会いたくて 会いたくて」という曲を、今日は聴いていました。聴きながら満面の笑顔で「てんてい!」「何曜日が好きだって言っていますか?」って尋ねてくるんです。意味が分からずに???となっていると、自信満々に「土曜日が好きだって言っています。僕と一緒です。」さらに???となってしまったのですが、サビの部分をよく聴くと、「あの日のように 好きだよって♪」はー、ようやく分かってスッキリ!!

「あの日のように」が彼には「あの日土曜日」と聞こえていたのです。

教師という立場でなければ、土曜日が好きという自分との共通点が見つけられて良かったね、良い曲だね、でめでたしめでたしなのですが、そういうわけにも行かないので、一応黒板にひらがなで書いてあげて、「どようび」ではなくて「のように」なんだなぁ、と優しく教えてあげました。傷つかずにわかってくれたかなぁ・・・。

特別支援学校では、よくありがちな一コマです。

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中