デミオ退院で、ロードスターに乗っちゃいました。

ノートパソコンに続いて入院してしまったデミオですが、エンジンの回転数を拾う部品が不良とのことで、部品交換をし、無事に退院しました。その部品はけっこうやっかいな場所にあったようで、いろいろ外して、また組み立てるにあたり、電気系統の設定のし直しが必要らしく、「土曜か日曜にお渡しできるでしょう」って話しだったのですが、なんと荷物を代車から全部移し替えて、私がコックピットに座れたのは日曜日の19時過ぎでした。

その間に、営業担当さんが気を利かせて、新型ロードスターの試乗をさせてくれました。

rd_grade-ssp_design_img

あいにくの秋雨だったので、屋根は閉じた状態での試乗でしたが、ぱっと目の前に現れただけで、かっこよすぎます。

シートを倒して仮眠がとれないので、私の車選びの候補からは消えたロードスターですが、いつかはこんなかっこいい車をセカンドカーとして持てるようになりたいものです。

さて、前にマツコネの無償修理の時にCX-3を試乗しましたが、デミオとCX-3とロードスターを乗り比べた感想です。

私が毎日乗っているデミオは1.5リッターディーゼルエンジンで、マニュアルトランスミッションです。そのデミオを運転している感覚に近かったのは、CX-3ではなくて、なんとロードスターでした。

親バカならぬ愛車バカ丸出しだなと思われるかも知れませんが、双子の兄弟のように見られているデミオとCX-3の、その乗り味はけっこう違いました。CX-3の試乗車がオートマ車だったこともあると思いますが、重心が低くてボディーが軽いデミオはロードスターの走りに似ていたのです。

ロードスターの試乗車はマニュアルでした。エンジンはガソリンエンジンですが、アクセルを踏み込んで背中を押される感覚は、ディーゼルデミオのそれととてもよく似ていました。さらにハンドルのしっとりとした重さ、シフトレバーの心地よさ、サスペンションの感じなど、車を走らせる感覚は、デミオとロードスターはよく似ているんです。

屋根が開くか開かないかの違いと、乗車定員2名か5名かの違い、FRかFFかの違いは大きいのですが、走る楽しさを追求しているという点で、ロードスターの走りとディーゼルでマニュアルのデミオの走りは似てくるのだと思います。

ロードスターに乗ってみたいけど、値段がちょっとなとか、二人乗りじゃちょっとなとか、荷物があんまし乗せられないのはちょっとなとか、その辺が気になってためらっている方は、是非デミオのディーゼルのマニュアル車を試してみてください。コンパクトカーだからといって、案外バカにできませんよ。

広告
カテゴリー: お気に入り タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中