歌のお兄さん、久々の復活!!

前任校の音楽の授業で、生徒たちに「歌のお兄さん」と呼んでもらっていましたが、今の学校に来てから2年間は音楽の授業をやらせてもらっていませんでした。ずっとやりたかったのですが、来たはじめの年に「生単部長」なる役職につかされてしまい、そのまま2年間そして3年目の今年度も生単部の教員として分けられて、音楽部に入ることはできませんでした。

あーあ、と思っていたのですが、突然チャンスがめぐってきました。

隣の市の小学校が一斉に授業参観ということで、現任校の先生で、自分の子どもが隣の市の小学生という先生がごっそりお休みをとって抜けてしまったのです。学校としてはなかなかのピンチです。

そこで、先生たちが抜けてしまう午後の時間に、クラスごとの授業はなり立たないので、学年でまとまってレクレーション的なことをしましょうということになりました。

担当するのは生単部の先生です。

まだ、学年での集まりにも慣れていない子どもたちに、分かりやすくて楽しめるレクレーションを考えなければなりません。そこで歌のお兄さんの登場です。

久しぶりに子どもたちに「歌のお兄さん」と呼んでもらって、ハーモニカを吹きながら登場しました。

手遊び歌をいくつかやって、盛り上がってきたところでピアノを弾き、曲に合わせて身体を動かすリトミック的なことをやりました。最後はラジオ体操の深呼吸の部分を弾いて深呼吸をしてもらい、床に全員で寝そべってリラクゼーションタイム。子守歌やきらきら星を弾いて気持ちを落ち着けておしまい。

前任校でやっていた音楽の授業のノウハウが詰まったレクレーションでした。厳密に言うと音楽の授業ではありませんが、音楽的な授業ができて、ピアノマン的には大満足。そしてなにより子どもたちが楽しそうに活動してくれて、教員不足も事故やけがが無く乗り切れて良かったです。

年に何度かは今回のような学年レクの時間があるようです。またやらせてもらえるかなぁ・・・。

広告
カテゴリー: ピアノ, 特別支援教育 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中