東日本大震災から4年

昨年の3月11日のブログ記事では、震災から3年が経って津波の映像を見られるようになり、アホみたいに夢中になって津波映像ばかり見てしまっていたことが書かれていますが、4年経つ今は、津波の映像も見なくなりました。

ただ、見ると気持ちが不安定になってしまうので見ないというのと、見ても平気になったけど見たい衝動に駆られなくなったので見ないというのは、同じ「見ない」でも気持ちの余裕が全然違います。今は穏やかな気持ちで「見ない」ことを選択できています。

「見ない」ことを選択しているというよりも、他に見たいものがある、やりたいことがあるから、あえて津波の映像を見ている時間が無いという方が今の状態にマッチしていると思います。

かといって、3月11日のことを忘れてしまった訳ではありません。そう簡単には忘れられないですよね。ほどよく自分の気持ちの中で整理ができてきて、心の中の棚にしまえたような、そんな感覚です。棚の一番手の届きやすいところに収まって、いつでも取り出して机の上に広げることができます。

復興はどの程度進んでいるのでしょうか。自分の目で確かめに行きたい気持ちもあるのですが、県外ナンバーの車が沿岸の生活道路をづけづけと走っていたら地元の人はどんな気持ちになるのかと考えるとちょっと複雑です。全国から観光に来てくれるのは地元の人々も歓迎してくれるのかなぁ?でも、自分が気になって、目で確かめたいのは観光地ではなくて沿岸部の街そのものなんだよなぁ。まだ、一歩踏み出す勇気が出ません。

そして、関東で生活している今、噂される首都直下地震や南海トラフ地震、富士山噴火などへの対策はできているのか、いざというときに命を守る行動ができるのか・・・。自信なんてありませんが、考えておくのとなにも無いのでは違うと思うので、考えられることは考えて、3月11日を無駄にしない。それが今の自分にできることだろうなと思います。

広告
カテゴリー: 東日本大震災 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中