新型デミオ購入物語~その7~勉強したこと

年の瀬となり、なにかと忙しくてブログからも少し離れていたのですが、大掃除も一段落したので、ちょっと書いています。

今回新型デミオを購入するに当たって、いろいろなことを勉強させてもらいました。と言っても、一昔前のように、分からない事を詳しい人を捕まえて教えてもらったり、図書館に行って調べたりということはありません。ネットでだいたい調べられる時代なので、とても楽と言えば楽なのですが、人とコミュニケーションをとったり、本を読んで調べたりということが無くなるのは、なんだか良いような悪いような・・・。

自動車については、自分でタイヤ交換をするなど、それなりに分かっているつもりでいたのですが、知らない言葉がたくさんありました。

デミオの特徴を紹介する文の中に、自分の知らない言葉が出るは出るは・・・。

・・・最近の小型車の主流になりつつあるワンモーションスタイルからあえて離れて、Aピラーを立て気味にしたことで、他車との違いが明確になりました。内装については小型車の概念を打ち破る質感で、Bセグメントベンチマークとなりうる内装になっています・・・

この短い文章の中に4つも知らない言葉が出てきて、ぽかんとしてしまいました。

ワンモーションスタイル・・・真横から見たときに一筆書きのように見えるスタイルa-piller

Aピラー・・・自動車の天井を支える前方の柱。前から順番にAピラー、Bピラー、Cピラー、Dピラーと呼ぶ。皮むき器ではない。

Bセグメント・・・自動車の分類の仕方の一つで、Aセグメントは軽自動車などの小型車、Bセグメントは排気量が1,5リッターまでの車。C→Dとアルファベットが進むにつれて車のサイズが大きくなる。

ベンチマーク・・・そのクラスの車の中で最上位で、他社がそれを目指して新たな車を開発するような車。

とまぁ、スタイルの説明を読むだけでこの調子ですから、エンジンやら最大トルクやら最大出力やら回転数やらギア比やら・・・全ての意味を理解するのにはかなり時間がかかりました。齢40にして、そうとう勉強になりました。

言葉の意味だけではありません。

デミオについて知りたくていろいろとネットを見ていると、愛車買い取りの無料査定のサイトに誘導しようとするサイトがたくさん出てきてびっくりしました。

あたかも一般の人が書いたブログのような誘導サイトもけっこうあって、これを専門で作っている担当者もいるんだろうなと、変に感心してしまいました。

「夫がデミオを購入しようとしています」とか「父が車の買い換えでデミオを考えています」なんていうブログで、値段交渉がうまく進まず、どうしようか考えていたらネットで愛車買い取りの無料査定があって、びっくりするほど高額の査定が出ました!!なんていうのがお決まりの筋書きで、査定サイトのリンクが貼り付けられています。

誘導サイトの特徴は最終的に車を買うことにならずに終わってしまう事です。

そりゃそうですよね。車を買って納車されて、乗り心地はどうで・・・なんて続けていたらきりがありません。ブログを打ち切るには何かと理由をつけて今回は買わない事になりました、ちゃんちゃん、と終わりにしてしまうのが一番自然ですもの。

で、査定サイトの何が問題かというと、無料査定をしてもらうためには、名前や住所やメールアドレス、もちろん車の年式や走行距離など、一級の個人情報を送ることが必要で、それらの個人情報がどのように使われるかはまったく分かりません。

更に、ネットでの査定結果は実際の値引き交渉ではまったく相手にされません。ディラーさんに「それではそちらで買い取ってもらってください」と言われておしまいです。ディーラーさんだって人間なので、いたずらに怒らせてしまうよりも、この車のここが気に入っているんです、この営業所のここが好きなんですっていう話しをして、気分良く値引きをしてもらった方が良い額が出ますよ。

というわけで、何かのご縁があって私のブログにたどり着いた方は、無料査定のサイトには気をつけてくださいね。

広告
カテゴリー: お気に入り タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中