新型デミオ購入物語~その3~こだわりポイント

001002003004

新型デミオを購入するにあたって、こだわったポイントがいくつかあります。

まずはエンジンがクリーンディーゼルであること。ガソリンエンジンのグレードもあるのですが、せっかく新型デミオに乗るのなら、クリーンディーゼルがどれほどのものか体感してみたいと思うのではないでしょうか。上の写真で分かりにくいかもしれませんが、フロントグリルのマツダのエンブレムの所に赤いラインが入っているのがディーゼル車の証です。

そして、どうしてもマニュアル車に乗りたいという願いもありました。今乗っている軽自動車はオートマ車です。その前に乗っていた、大学4年の時に買った初めて乗った車はマニュアルのポンコツ軽自動車でした。

オートマ車の運転は楽なのですが、車と対話している感があまりありません。クラッチを踏んでシフトレバーをカチャカチャやる「車を操っている感覚」が好きなんです。坂道発進のドキドキ感なんてたまりませんね。未来の車は自動運転なんて話しも聞きますが、そんなの何の魅力もないです。自分の意思通りに車を走らせるから楽しいんです。

010

デミオに惚れた理由の一つでもある、オフホワイトのレザーシートは外せません。これを選ぶと、自動的に一番高いグレードになってしまうのですが、一度このシートに座ってしまうと、他のグレードは考えられなくなってしまいます。まんまとマツダの策略にはまっていると、自分でも分かってるのですが、どうせ買うなら妥協せずにいいものを買いたいと思います。マツダに注文を付けるなら、低いグレードのデミオにも、このシートをオプションで選べるようにして欲しいです。レザーシートの手入れには、家具屋さんでレザーソファ用のメンテナンス用品を買うつもりでいます。

ボディーのカラーはシルバーっぽいのがいいかなと思っていました。ところが「アルミニウムメタリック」というカラーの展示車を実際に見てみると、思ったよりも暗くちょっとピンと来ませんでした。今乗っている黒い軽自動車は、夏になると殺人的に熱くなります。だったら、シートも白だし、白い外装でいいかと「スノーフレイクホワイトパールマイカ」という色にしました。一番上の写真の色です。商用車の白よりも高級感のある真珠のような白です。

IMGP0522

↑上の写真は勤め先の駐車場の写真です。ズラッと並んだ黒いアンテナにお気づきでしょうか。私、これがずっと気になっていました。オバQの頭のようなアンテナで、今勤め先の駐車場に並んでいる車のほとんどに付いています。ラジオのアンテナです。どうも好きになれません。新型デミオにも付いています。

012     013

そしたら、オプションに「シャークフィンアンテナ」というのがありました。サメのひれというよりは、ウルトラマンの頭のような感じです。同じマツダの「CX-5」ではシャークフィンアンテナが標準装備なのに、デミオではオプションか・・・。まあしょうがないかと思ったのですが、しょうがないかと思えないのが、右側の写真の「室内側カバー」なるものです。オプションでシャークフィンアンテナを付けようとすると、天井の内ばりに切り込みを入れなければならないそうで、その部分を覆うつぎはぎのような天井になってしまうのです。それはなんとも格好悪い!高級感あふれる室内空間に惚れているのに、天井につぎはぎなんて考えられません。どうにかならないのかと、子どものように駄々をこねていると、見かねた営業の人が「サービスの方に確認をとってきます」と調べに行ってくれました。すると、シャークフィンアンテナの部品を取り寄せて営業所で取り付ければ、つぎはぎをしなくても取り付けることができるそうです。言ってみるものですね。これから新型デミオの購入を考えている人にとっておいしい話しだと思います。スマホで私のブログをディーラーに見せても良いでしょう。つぎはぎの天井なんて嫌だと思っている人は是非確認してみてください。

広告
カテゴリー: お気に入り タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中