新車(新型デミオ)購入物語~その1~デミオにたどりつくまで

001002003006

少し前の記事で、車検のタイミングで新型デミオを購入しようと考えているということを書きましたが、そうこうしているうちに購入が決定したので、その辺のことを記事にしようと思います。今、私と同じように新型デミオの購入を考えている人の参考になれば・・・なんて思うのですが、検索してたどり着く人は何人いるでしょう・・・。

はじめに気になったのはデミオではありませんでした。○イハツの○ペンという軽4輪のハードトップオープンカーです。

子どもたちを自分の車に乗せる機会がめっきり減り、ほとんど自分一人だけで乗るのだから、自分が楽しく走れる車に乗りたい。オートマ車はつまらないので、次はマニュアル車に乗りたい。そんな想いで○ペンはどうかなと思っていた時に、愛車のエアコンが効かなくなり、勤め先のすぐ近くの小さな○イハツの営業所に行きました。本当に小さな営業所で、エアコンはすぐに修理してくれたのですが、展示してあった○ペンに乗せてもらって話しを聞くと、なんと対応してくれたつなぎを着たお兄さんは「あ、おすすめはしませんよ」とのこと。

思わず耳を疑いましたが、詳しく話しをしてくれました。「着せ替え機能」と車体の剛性の保持を両立させるために、先代の○ペンよりも室内空間は狭くなり、エンジンも○ペンオリジナルのエンジンではなく、他のファミリー向け車種と使い回しのエンジンで走りも悪くなり、おすすめできないということです。

○イハツの営業所の人が言うんだから間違いないですよね。世の中にはすごい人がいたものだと感心しました。たとえ自分の会社の車でも、納得いかないものは客に勧めない。とても男らしいです。

一気に○ペンへの夢はしぼみ、次に気になったのはマツダのロードスターです。ネットで新しいモデルが販売されるということを知り、じわじわと気になり始めました。

でも、その前に○イハツに展示されていた○ペンに乗って気づいたことがありました。ツーシータークーペは運転席が後ろに倒れない・・・。

当たり前と言えば当たり前の話しで、今さらこいつは何を言っているんだと思う方もいるとは思いますが、今までの人生の中でツーシーターのクーペにほとんど乗ったことがない私は、そんなことは頭にありませんでした。後列シートがないので、運転席の後ろはすぐ壁。軽トラのようなものです。盛岡に帰るときや、ちょっと遠くへドライブのときなど、運転中に眠くなってきたらパーキングに停めてイスを倒して仮眠をとるのですが、ツーシーターのクーペにはそのスペースはありません。

ロードスター、かっこいいのになぁ・・・。そんな想いでいたときに飛び込んできたのが新型デミオでした。

ネットでの評判はどれを見ても良いものばかりで、裏でマツダに操作されているんじゃないかと心配になるほどでした。

環境にも優しく、燃費が良く、走る楽しさも追求できる、1.5リッタークリーンディーゼルエンジン。6速マニュアル車も用意されています。

さっそくマツダの営業所へ行くと、Lパッケージという値段が1番高いグレードのデミオが展示してありました。

「なんだこの高級感は・・・」衝撃が走りました。学校の校長室のソファよりも高級なシートに思わずほおずりをしてしまいたくなるほどでした。シートを倒して仮眠をとることはできるけど、よだれをたらさないようにタオルをしかなきゃ・・・。

こうして一気に新型デミオの魅力に取り憑かれて行ったのでした。

広告
カテゴリー: お気に入り タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中