不幸中の小さな幸せ。

エピソードを二つ紹介します。

先日、勤め先の特別支援学校のクラスでの授業で、どうしても小銭が必要で、朝出勤途中のコンビニに寄りました。

1000円札で100円ぐらいのものを買う訳ですが、無駄になるものは買いたくないので、車を運転しながら「ピュレグミのレモン味を買おう」と心に決めて店に入りました。

お菓子のコーナーを物色すると、ピュレグミが並ぶところにすぐに行き着いたのですが、愕然としてしてしまいました。

レモン味が売り切れ。

隣のグレープ味はたくさんあるのに・・・。

朝の一分一秒を争う時間だったので、冷静な判断なんてできません。絶対にレモン味が食べたかったのに、泣く泣くグレープ味を買うことにしました。

朝からそんなことがあってちょっと凹んでいたのですが、生徒たちを下校させた後、職員室でコーヒーを飲むときに、「今朝のピュレグミでも食べるか」と何気なく袋を開けると、ジャーン!!滅多にお目にかかれない星型のピュレグミが出てきました。

IMGP0418

いつものレモン味ではなく、グレープ味を食べるのはとても不本意でしたが、授業で使う小銭が用意できて、星型のピュレグミにもご対面できたのだから、ちょっとはラッキーだったかと、微妙な幸せを感じたのでした。

特別支援学校に勤めていると、時にはアクシデントでちょっとしたけがをすることもあります。

自分自身の心得として、そんなときは自分の不注意、対応のまずさが原因と考えることにしています。あくまでも自分自身の心得で、他の先生がけがをした時までそれを押しつけようとは思いませんが。

その日は生徒がちょっと興奮していたことに気づかずに、正面に立ってのんびりと対応してしまい、手にひっかき傷を作ってしまいました。

「あー、やっちゃったなぁ」と思ったのですが、少し血が出てきてしまって他の場所に血が付いてしまうのも嫌だったので、絆創膏を貼りました。左手の親指の付け根のあたりです。

IMGP0447

↑お気づきでしょうか。絆創膏のシミの形がハート型になりました。なんてラブリーなんでしょう。

40歳を過ぎて、傷の治りもだいぶ悪くなってしまったので、痛いのは痛いのですが、なんだかニヤリとしてしまいました。

とっても小さな不幸せと、とっても小さな幸せですが、そんなことの繰り返しが楽しいと思える、平和な身の回りに感謝です。

広告
カテゴリー: 特別支援教育, 今日の出来事 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中