卒業制作

昨年の4月から県立に移管され、学校名が変わった勤め先の特別支援学校。今年の卒業生たちの卒業制作は、その学校名の看板でした。

卒業制作といっても、卒業生たちだけで作れるわけではないので、教員が主導で材料集めなどをし、子どもたちには「できる部分」をやってもらうことになります。そういう意味では、子どもたちと教師が一緒になって作った卒業制作とも言えるでしょう。そんなわけで、私にとっても思い入れのある作品になりました。

IMGP8519f     IMGP8517

じゃーん、↑こんな感じです。我が校の校舎には壁に虹の絵がある「虹玄関」と呼ばれる玄関があるのですが、そこに設置しました。(設置も教員の作業でした)

玄関が暗くならないようにとか、地震で落下しないようにとか、いろいろ制約があったのですが、なんとか管理職に文句を言われない形で完成しました。

子どもたちは、カラーボードと呼ばれる色つきの発砲スチロールをハサミで刻んで細かくし、文字の形にボンドで貼り付けました。

そこからは教師の出番。1文字ずつを裏から看板用のボードに並べてボンドで貼り付け、玄関の窓枠にしっかりと固定しました。

裏から見ると↓こんな感じです。

IMGP8514

下から見上げて撮影したので、とても分かりにくいのですが、4枚のボードを貼り合わせているのが分かるでしょうか。

自分たちが作ったものが看板になると意味が分かってやる気満々の子もいれば、ちょきちょきと刻むことが楽しくてしょうがない子、並べるのが好きな子、いろいろでしたが、みんな楽しみながら作れていたので、教師としては嬉しかったです。辛い思いをしながら、「そこ違う!!やり直し!!」なんて怒られながら作る卒業制作なんて嫌ですよ。

裏に貼った看板用のボードは、市内の看板やさんから端っこの部分を無料で提供していただきました。おかげで、軽くて丈夫で長持ちしそうな看板ができました。

実は看板やさんに端材を分けてもらう交渉に行ったのは私だったのですが、こういうものを作ろうとしているんですと説明すると、「じゃ、ボンドも持って行きなよ」「このアクリル板もつかえるんじゃない」と、どんどん分けてくださって、完成したらお礼に行かなければと思っています。

あ、平成25年度第1回卒業生制作と、何処にも書いていなかった・・・。どこかに書かなきゃ。

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中