大雪がもたらした助け合い

2月8日の大雪と2月15日の観測史上最多の豪雪で、毎日のように雪かきに追われて筋肉痛はまだ癒えませんが、気持ちはちょっとほっこりするできごとがありました。

雪かきでの助け合いです。

お年寄りしかいない家庭の周りは誰と言うことなく近所の人々が雪かきをしていました。

雪かきの道具は自然と貸し借りがされて、我が家のカーポートも、近所の方が貸してくれた脚立にによって助かったようなものです。

極めつけには、夜になってから、隣の地区に住む人で自家用ブルドーザーを所有している農家の方が、人力では雪かきしきれなかったところをきれいに除雪してくれました。

関東といっても田舎なので、農家も多く、隣町でも自家用の重機を動かしてくれた方がたくさんいて、大きな国道よりも、むしろ子どもたちの通学路や生活道路が綺麗に除雪されていました。

農家の皆さんは大雪でビニールハウスが潰れたり、作物が雪でダメになったり、甚大な被害を受けたのですが、それでも地域の人々のために重機で除雪をしてくださって、本当に頭が下がります。

2011年に震災を経験して、「大変なときは助け合おう」という意識が高まっているのでしょうか。こんな素敵な地域の一員でいられることを誇りに思います。

広告
カテゴリー: お気に入り, 時事ねた, 今日の出来事 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中