祝!左耳回復!ところが・・・

今日、耳鼻科に行ってきました。耳鳴りはほぼ治まり、嫌な響きのリクルートメント現象も、たまにちょっとだけ感じる程度で、自分なりに「良くなっているんじゃないかな」と感じていたので、検査の結果がちょっと楽しみでした。

すると・・・左耳は見事に聴力が回復していました。やったー!!

ところが、なんと今度は右耳が、難聴と正常の境目ぐらいに下がってしまっていました。しかも、今度は感音性難聴ではなく、伝音性の難聴でした。

???!これはもはや突発性難聴ではありません。

聴音検査の他にも鼓膜の様子を見てもらったり、鼻の中を見てもらったり、目の動きを見てもらったり、いろいろしました。

結果、めまいのような目の動きが見られる。というのと、鼻水が出ているのが気になる。中耳炎のような症状は見られない。と、なんとも曖昧なことを言われました。

結局結論は急がずに、今の薬を続けて様子を見ましょうということになり、また1週間後に通院することになりました。

伝音性の難聴ということであれば、左耳の突発性難聴と平行して、右耳には何か別の原因から起こる難聴が起こっていることになり、ものすごくまれなケースだと思われます。

今日はいろいろ検査した後、治療として右の鼻から細い管を入れられて、右の耳からシューシュー空気が抜けるようなことをされました。ちょっと痛かったです。「どうですか、すっきりっした感じがしませんか?」と医者に言われましたが、正直に「すみません、よく分かりません」と言ってしまいました。なんで謝らなきゃいけないんだと思いながら、鼻の痛みで目からは涙がぽろぽろ出てきました。

とってもモヤモヤした気持ちだったし、肩から首にかけて、ものすごく凝っている感じがしたので、夜に日帰り温泉に行って癒してきました。

突発性難聴は聴覚神経の血行障害が原因という説もあると聞いているので、「高濃度炭酸泉。5分の入浴で血流4倍」という看板にものすごく惹かれてしまい、3回も入ってしまいました。4倍になった血流がさらに4倍になったら16倍。3回入ったのでさらに4倍で64倍になる計算ですが、実際に血流が64倍になったら血管が破裂してしまいそうです。これで聴覚神経の血流も相当良くなっただろうと思います。

せっかく、左耳の聴力が回復したので、バンザーイと言いたかったのですが、なんだかくすぶってしまいました。

広告
カテゴリー: 健康 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中