突発性難聴をカミングアウトしてみて。

今日、朝の学部朝会で、部主事の先生が、皆さんに「ピアノマン先生は突発性難聴を患っています」と紹介されました。

予想はしていたのですが、原因不明の病気ですって言ってるのに「ストレス溜まってるからだよ」とか「生単主任で疲れてるからじゃない」とか声をかけられました。まあ、皆さん心配してくれて言ってくれているので、そんなに嫌ではありませんが・・・。

そして、皆さんからとっても優しくしてもらって、なんだかちょっと照れくさかったです。耳が治ってもしばらく聞こえないふりをしていようかなと、よからぬことを考えてしまいました。

ちなみに今日の聞こえ方は、リクルートメント現象が波打つように現れて、1時間おきぐらいにひどくなったり、ぜんぜん平気になったりしました。

カミングアウトしたことで、いろいろな先生が、「私の知り合いも突発性難聴になった人がいるよ」と教えてくれましたが、どんなだったか尋ねると、1ヶ月入院して、結局治らなかった人もいれば、10日で治った人もいて、千差万別です。

カミングアウトしたこと自体は、正解だったと思います。職員室で耳栓をするときに堂々とできるし、皆さん優しいので、会議中でもつらくなったらメモとっておくから退室していいよと言ってもらえました。

ありきたりな話かもしれませんが、病気をして、人の優しさに触れることができて幸せな気持ちになれました。これが自然治癒力を高めてくれるのだと思います。

広告
カテゴリー: 健康, 今日の出来事 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中