もっと職場に笑いを。

私は人が笑っている顔が好きです。

いつもふてくされている人よりも、よく笑っている人に好意を持ちます。

そんなわけで、職場ではいつも私の周りから笑顔が絶えないように、心から笑える雰囲気作りを心がけています。

周りの人たちに幸せな気持ちになって欲しいとか、そんな高尚な心がけではありません。人が笑っている顔を見ていたいという、自分の欲求を満たすためだと思っています。

楽しい雰囲気作りを心がけていれば、何かミスを犯したときも、許してもらえる可能性が高まります。人間なので必ず失敗はするものですが、そこで許されるキャラクターと、責任を追及されるキャラクターがいるとすれば、普段から楽しい人かそうではないかというところが分かれ道になるのではないでしょうか。

そういえば、特総研でお世話になった職員の先生も、「何か話すときは笑いの要素を入れることが大切」と言っていました。それ以外にもたくさん教わったのですが、なんだか、そこばっかりよく覚えています。

と言っても、職場で楽しい雰囲気を作るのは、なかなか気を遣います。自分さえおもしろければよいわけではありません。自分の周りの人たちを「楽しい」と思えるように考えて話さなければなりません。

女性が多い職場です。しかも私よりも年が上のお姉様ばかりです。下ネタなんて言語道断です。余計に周りの雰囲気を悪くしてしまいます。

私がよく使うのは、お姉様達の深く埋もれてしまった乙女心を発掘してくすぐるような話です。

相手もお世辞と分かっていても、つい笑顔がほころんで「まったく上手いんだから、やーね」となってしまいます。

なんでいまさらこんな記事を書いているかというと、隣の学年に、私の1歳下の男の先生で、周りの人たちの雰囲気を悪くする先生がいるからです。

困ったものですなぁ・・・。彼が悪くした雰囲気を、一生懸命取り繕って良い雰囲気にしようと日々がんばっております。

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中