学校の先生の秘めた才能

先日、元同僚の先生の美術展があったので見に行きました。もともと私は美術が苦手で、指導する側になっても、いつもネタがなくて困っていたので、そういう美術展などがあれば、行って何か刺激を受けてきたいと思っていました。

しゃれた感じのモダンな建物の中に入り、普通に絵画が並んでいるのかなと思っていたら、「インスタレーション」というのでしょうか、立体作品に意図的に光が照らされていて、その影までもを含めた、空間作品があり、驚かされました。

やっぱり美術の専門家はすごいですね。凡人には思いつかないような作品を見ることができて、感動しました。それでも、職業は教員なんですよね・・・。美術で食べていくのは難しいようです。

学校の先生の中には他にもいろいろな才能の持ち主がいます。有名な音楽大学を主席で卒業した先生や、複数の国の言語を使いこなせる先生。私の今の隣のクラスには、体育の先生で110メートルハードルで、オリンピック代表へあと一歩だった先生がいます。

でも、私の知る限り、皆さん、その才能をあまり外へはひけらかさず、うちに秘めていることが多いです。

恐らく、その道の第一人者とならずに教員をやっているということへの引け目なのかなぁと思いますが、私にしてみれば、みなさんすごい才能を持っているので、もっとアピールして、それをいかした指導なり、技術伝達なりをしていただければ、いろいろな可能性が広がるのに・・・と思います。

私自身は、他の人に抜きんでた才能が無いので、そういう人を見ると、とっても羨ましいです。やっぱり先生になる人ってすごいんだなぁ・・・。

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中