起こり始めた変化・・・学校行事

以前の記事で、夏休み中に、県立移管にともなう、学校運営に関するさまざまな小委員会が開かれて、話し合いがもたれると書きました。私は生単部の主任という肩書きもあるので、「学校行事」の小委員会に入りました。

第1回の話し合いは、私が人間ドックに行っている日でした。そして第2回目の話し合いがもたれる日、「ピアノマン先生の班はもう話し合い終わっちゃったから、今日は無いと思うよ・・・」「え?どういうこと?」

詳しく聞くと、なんと「学校行事」の小委員会は、メンバーに校長先生が含まれていて、はじめに校長が提案をして、それに対して誰も異論反論が無かったので、あっという間に決まってしまったとのことでした。

他の小委員会は、よその学校を参考にして作っていけば大きな間違いは起こりようがない感じですが、「学校行事」に関しては、どうしても校長本人ががメスを入れたかったようです。

はてな?が多い、宿泊学習」という記事で、宿泊学習にたいする疑問を書きましたが、私が感じていた疑問が、そっくり校長の提案にも盛り込まれていたので、ちょっと嬉しかったです。そしてそれがそのまま小委員会の意見として、今後の校務運営委員会にかけられるそうなので、いよいよ動き出します。

宿泊学習の規模、回数が縮小されれば、今まで宿泊学習の事前学習として、長時間クラス生単の時間が削られていたのが、クラスに還元されます。

自分が周りの先生方に「こんなのおかしいよね」とこぼしていたことが、「これはおかしいので変えていきましょう」と校長主導で本当に変わって行くのは、なんだかワクワクします。

夏休み中に、いろいろと細かい部分を詰める会議が行われるのは、休みが取れなくて大変ですが、ここを乗り切れば、来年度からはもっといろいろなことがやりやすくなると思えば、がんばれそうです。

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中