昨年は「館長賞」、今年は「推薦」

IMGP4498

ガトーフェスタハラダ第3回書美術展というのが8月17日~20日まで行われ、家の長男が書いた習字の作品が出品されることになりました。昨年に続き2度目です。長女と長男、二人で同じ書道教室に通っていて、二人とも作品を書いているのですが、昨年も長男の作品のみ選ばれ、今年も長男の作品のみ選ばれました。日頃書く字をみていると、長女の方がよっぽどましな字を書いているのですが、どういうわけか、長男のほうが、ここ一発で力を発揮するようです。

昨年は「美術館長賞」という賞でした。今年は「推薦」という賞です。名前だけ聞けば、美術館長賞の方が上のような気がしますが、実は推薦のほうがランクは上なんです。

なぜって、昨年表彰式に参加してきて分かったのですが、最優秀賞など、良い賞から順番に表彰され、美術館長賞は一番最後。副賞としてもらえるお菓子も推薦のほうがちょっと良いのです。

今年の表彰式は8月19日です。書いた作品は書道教室から直接ガトーフェスタハラダの方に行ってしまうので、親である私はまだ見ていません。「真心」という字を書いたと長男が言っているのですが、どんな「真心」なのか、早く見てみたいです。表彰式の様子は、またブログにのせるつもりです。お楽しみに。

広告
カテゴリー: 子育て タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中