増築工事

特別支援学校の高等部の生徒の増加は、全国的な流れで、私の勤める養護学校にもその波が押し寄せ、来年度へ向けて増築工事が始まりました。増築と言うよりも、正確に言うと改造工事かな。現在、我が小学部は1階の片隅に、そして高等部はすでに2階のほとんどのスペースを占拠しています。それでも来年度は教室が足りなくなる見通しで、今、畳が敷いてあるスペースを全部ひきはがしてフローリングにし、そこに机といすを並べて教室にするらしいのです。それに伴って、その新たに教室となるスペースに水道を引くため、ほとんど工事の影響が出ないと言われていた、1階の我が小学部の教室も、大変なことになっています。

IMGP3142     IMGP3141

冬休み中に教室でいろいろとやりたいことがあったのですが、これではちょっとできる感じではありません。まあ、職員室でやらなければならない仕事も山ほどあるので、やることがなくて困るということはないのですが、工事が始まる前は、「小学部はほとんど影響ないから大丈夫だよ」なんて言われていたので、おいおいって突っ込みたくなります。自閉症の方だったら、パニックになっているだろなぁ。私だって、予定していた仕事ができなくなるのはちょっと嫌です。

生徒増加の影響が、こんなところにも出るとは・・・。と言うか、工事関係者の見通しの甘さに、驚き、不安を感じます。3学期がスタートするまでに元通りの教室に戻せるのでしょうか?

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , , パーマリンク

増築工事 への2件のフィードバック

  1. マドンナ より:

    息子の学校は 高等部が超満員です。作業に使う教室まで 真ん中で間仕切りをして・・教室も間仕切りをして なんとか使っています。小中には自閉症専門学級があり、小中もぴちぴち状態。
    将来的には 小中だけになり 高等部は無くなって近隣の2校に振り分けになる予定です。
    (高等部だけの学校)
    小中だけでも身体の大きさが相当違うのに、高等部まで一緒にするのは 物理的に無理があるように思います。いっしょすぎるとお互いの負担も大きいですし・・
    高等部はプログラムも大きく違うので、切り離すのがいいように私も感じます。

    学校の工事は 休み期間中でなくてはできませんので、厳しいですよね。
    新しい学期に 子ども達も先生も 楽しくすごせる教室に大変身していますように♪

    • honestypianoman より:

      マドンナさんがいらっしゃる東京都は、自閉症教育に関して独自の対策を打ち出していて、とても先進的なんですよね。(特総研で勉強しました)生徒の増加に対しても、きっと全国に先駆けた対策をするのだと思います。
      まあ、下っ端教員は与えられた環境で、精いっぱいのことをやるしかないのですが、私なんかは目の前にいる生徒が今困っていることをどう解決していくかで、頭がいっぱいです。教育行政なんかを考える人たちは、きっと頭が切れる人たちなんだろなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中