歓びの歌・・・の空耳

秋になって、文化祭シーズンにもなってきました。私が勤める養護学校でも12月に文化祭があり、今それに向けて準備の真っ最中です。

ステージ発表は、音楽の先生が中心となって構成を組み立てます。今年は私と、音大出身の私と同い年の男性教諭と二人で知恵を絞っています。

同い年の二人なので、なんとなく気が合い、ああしよう、こうしようというのが、どんどん進んで行きます。ブレーキ役がいないのがちょっと恐い感じもしますが・・・。

「ベートーベンの交響曲第9番を、トーンチャイムとハンドベルで演奏しよう。」というのが音大出身の彼のはじめの案でした。

「演奏だけでは物足りないから、歌も入れよう。」「日本語?ドイツ語?」「日本語の訳詞は結局馴染みがなくて覚えられないから、ドイツ語で行っちゃう?」「いいねぇ」

そんな軽いノリで、授業でドイツ語の歓びの歌を教えることになりました。

もちろん、音大卒の彼にドイツ語で歌ってもらって、「これをみんなで歌えるようにしよう」と言ったのですが、生徒たちは「無理ー」とあきらめモード。

そこで、空耳の、日本語歌詞を付けることにしました。昔からいろいろな空耳歌詞があるようですが、私が自分の耳でじっくり聞いてつくっちゃいました。惜しげもなく、公開します。

おいで、しゃーない、ゲー出るんけん

通ってる、オス!えり受粉

ビール入れといて、何やとるんけん

いい無理、せいだい、入り来る

だいねー、つば出る、ビンで、ビン出る

バスで、モーで、しとれんで、痛い

あーれー、メンつえ、ビールで、ブリーで

ぼう大、ザン手は、フリー、げんかい

授業用のスライドショーも作りました。パートⅡで紹介します。

広告
カテゴリー: 特別支援教育 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中